LINK
コンテンツ・メニュー
・Music Open Space
・Sports Open Space
・Brand Open Space
・www.Salepro.jp

OpenOfficeCalc.org  オープンオフィス・カルク教室 

OpenOfficeCalc.org  オープンオフィス・カルク教室−カルク入門 (日付・時刻のデータを扱う)


OpenOfficeCalc.org  オープンオフィス・カルクで数の書式をユーザー設定する!

salepro.jp お問い合わせ
お役立ち情報
姉妹ソフト・スタースイート
スタースイート・ライター
スタースイート・カルク
スタースイート・ベース
スタースイート・インプレス
スポンサー

■数の書式設定をする

 前の節(カルクの入門)では、文字データと数値データを中心に扱いました。ここではもう一歩進めて、日付データや時刻のデータを扱いましょう。また、数式について、前節ではオートSUMボタンを使ってほんの入り口だけを紹介しましたが、ここでは数式を自分の手で記入してみましょう。

作成するのはスケジュール表です。完成図は■関数を使った書式設定にありますので、あらかじめ目を通しておいてください。

■数の書式をユーザ設定する

 日付データの話しに入る前に「数の書式」について説明しておきましょう。
まず、下の画面を見てください。G1セルには「2005」、H1セルには「4」と言う数値データが入力されています。そして、「セルのフォーマット」ダイアログボックスが表示されています。このダイアログボックスを使って、セルの書式を詳細に設定できます。

        ▼「セルのフォーマット」ダイアログボックス

salepro.jp お問い合わせ
▲TOP (ページの先頭へ)
▲HOME (サイトの最初のページへ)
HOME ビジネスソフトの活用 フリーソフトの活用 グーグルの活用 PCで趣味の活用 ネットで稼ぐ ネット環境を整える
Copyright (C) 2004-20010 Kashijin Inc. All Rights Reserved
<現在地>
HOME  ビジネスソフトの活用  オープン・オフィス教室  オルグ・カルク教室  日付・時刻のデータを扱う 数の書式を設定する
【ビジネスソフトの活用】
オープンオフィス・カルク教室
2. 日付・時刻のデータを扱う
数の書式設定をする
日付データを入力する
日付を計算する
数式のコピー
関数を使った数式の作成
@ G1セルには「2005」、H1セルには「4」の数値データが入力されている
A G1セルを選んで、メニューから「書式(O)」→「セルの書式設定(C)」を選択すると「セルのフォーマット」大やログボックスが表示される
B 「数」タブを表示する
C 所期設定では「分類」の「数値」が選択され、「書式」欄では「Standard」が設定されている。セルに数値データを入力すると、デフォルトでこの書式が設定される
D ここで、設定されている書式のサンプルを見ることができる。セルに数値データが入力されているときは、その数値を使ってサンプルが表示されるようになっている
E 設定されている書式のコードも表示されており、このコードを直接編集することも可能だ

OpenOfficeCalc.org  オープンオフィス・カルクで書式を変更する!

■書式の変更をして見ましょう

 では、この書式を変更してみましょう。「2005年度」や「4月分」と表示するように設定します。そのような書式は用意されていないので、「書式コード」を編集する必要があります。手順は次の通りです。

            ▼数の書式をユーザ設定する

@ Standardのすぐ下にある「-1234」を選ぶ
A すると、「書式コード」欄に「0」が表示されるので、その後ろに「年度」の文字列を直接書き加える
B 「分類」は自動的に「ユーザー設定」に切り替わる
C テキストボックスの右側の「追加」ボタンをクリックすると、「分類」が「数値」に戻り、新しい書式が追加される
D 「OK」をクリックしてダイアログボックスを閉じる

■書式を作成して見ましょう

 これでG1セルの表示が「2005年度」に切り替わります。同様の手順で、H1のせるに「月分」の書式を作成してみましょう。

   ▼設定したセルの表示が変わった