LINK
コンテンツ・メニュー
・Music Open Space
・Sports Open Space
・Brand Open Space
・www.Salepro.jp

OpenOfficeImpress.org  オープンオフィス・インプレスの基礎 

OpenOfficeImpress.org  オープンオフィス・インプレスの基礎


salepro.jp お問い合わせ
ビジネスソフトの活用
インプレス教室
インプレスの基礎
インプレスで資料の作成
プレゼンの効果を高める
インプレスで発表する
インプレスの実践教室
プレゼンテーション関連教室
パワーポイント教室
スタースイート・インプレス教室
ロータス・プレゼンテーション教室
グーグル・プレゼンテーション教室

OpenOfficeImpress.org  オープンオフィス・インプレスの画面構成

スポンサー

 Impress「インプレス」は、会議や講演用のスライドをパソコンで作成したりする、発表資料作成ツールです。一般的にプレゼンテーションツールと呼ばれています。

何もビジネス用だけではなく、使い方次第では、アルバムの整理や料理レシピ集として、様々に活用できるツールとして利用価値の高いアプリケーションの一つと言えます。まずは、Impressインプレスをどのように活用できるのか、その特徴を見てゆきましょう。

 作成したプレゼンテーションは、一つのプレゼンテーションを次のような形式で画面表示したり印刷できます。たとえば 「アウトライン」では、プレゼンテーションのグラフィックなしでタイトルとテキストだけを階層表示することで、プレゼンテーションのあらすじを検討できます。「コメント」「ハンドアウト」は、プリントアウトして使うための機能です。「ハンドアウト」はプレゼンテーションの配布用資料として使います。

 作成しているページのレイアウトを変更するには、作業パネル「レイアウト」で使いたいレイアウトをクリックします。

 Impressインプレスのプレゼンテーションには、基本形の「タイトル、テキスト」の他にも、用途に応じた多くのレイアウトが用意されています。この中には、イラスト・グラフ・表・イメージ画像と言った要素を含んだレイアウトも用意されています。

 Impresuインプレスで作成するスライドページは、上部に「タイトル」があり、このページの見出しを入力するようにできています。その下には具体的な情報を箇条書きなどで見やすく表現できるように工夫されています。このようにImpressインプレスでのプレゼンテーション作成はすべてスライドのページで構成されています。

 Impressインプレスで基本となるのは、情報を箇条書きにしたスライドページです。ここに、イラストやグラフ・表などを加えて、訴求力の高い「プレゼンテーション」を作成します。このプレゼンテーションを基にして、パソコン上でプレゼンテーションを表示するスライドショーの他に、発表者用の原稿である「ノート」「配布資料」と言った、様々な形式の資料を作成することができます。

 画面中央は「作業領域」になっており、作成中のスライドが表示されます。左側の「スライドパネル」には、スライドが一覧表示されており、プレゼンテーションの全体像が常に確認できるようになっています。そのスライドをクリックすると作業領域に表示されます。画面右側の「作業パネル」には、プレゼンテーションを作成するときのスライドが選択できるようになっています。上部の「プレゼンテーション・ツールバー」は、ページを追加したりその他の関連のボタンが用意されています。

■必要な機能を操作しやすくなったImpressインプレスの画面構成

 最初に、Impress「インプレス」の画面構成を見てみましょう。ここには、プレゼンテーションを作成するために必要な機能が整理されています。画面は、複数のフレームに分割されています。そこに作成に使う情報や作業の選択肢が同時に表示されるため、あまり使い慣れていないユーザーでも、メニューやダイアログボックスを探し回る必要が少なくなります。これは、従来バージョンから大きく変更された機能の一つです。

 「図形描画」ツールは、各ページに図形を描く機能です。イラストレイターに代表される高機能なDraw(ドロー)相当の機能を持っています。たとえば、ブロックを移動すると、それに接した矢印も移動できる「コネクタ」機能を持っています。「アニメーションの設定」は、スライドショー中に描いた図形を移動させたり、アニメーション効果と共に表示させる機能です。「画面切り替え」は、スライドショーのページの切り替えで特殊効果を与えることができます。

このようなImpressインプレスの機能を使うことで、情報をより分かりやすくしたり、印象付けたりすることができます。

 ・Draw相当の図形描画ツール  矢印や図形を描く
 ・アニメーションの設定      スライドショーで描いた図形を動かす
 ・画面切り替え           ページ切り替えに特殊効果を与える

 プレゼンテーションは、文字情報を主体に作成しますが、効果的に情報を伝えるためには、図解やイラストが必要です。Impressインプレスでは、効果的な表現のために次のような機能を備えています。

 ・標準       1ページずつプレゼンテーションを表示する
 ・スライドショー    パソコン画面で発表する
 ・アウトライン     タイトルとテキストだけを表示する
 ・印刷         プレゼンテーションを印刷する
 ・ノート         発表者用の原稿として印刷する
 ・配布資料      聴衆用のスライドを縮小印刷する
 ・スライド一覧     スライドの順番を検討するために一覧表示する
 ・PDF          アクロバット・リーダーで閲覧できるPDFファイルに変換する
 ・Flash          Webで閲覧できるFlashファイルに変換する

OpenOfficeImpress.org  オープンオフィス・インプレスの基本構成と基本形

OpenOfficeImpress.org  オープンオフィス・インプレスの目的に応じたレイアウト

OpenOfficeImpress.org  オープンオフィス・インプレスのいろいろな出力形式

OpenOfficeImpress.org  オープンオフィス・インプレスの効果的な表現のための機能

OpenOfficeImpress.org  インプレスはドロー相当の高機能な図形描画ツールを搭載している

オープンオフィス教室
インプレス教室
インプレスの基礎
インプレスで資料の作成
プレゼンの効果を高める
インプレスで発表する
インプレスの実践教室
salepro.jp お問い合わせ
▲TOP (ページの先頭へ)
▲HOME (サイトの最初のページへ)
HOME ビジネスソフトの活用 フリーソフトの活用 グーグルの活用 PCで趣味の活用 ネットで稼ぐ ネット環境を整える
Copyright (C) 2004-20010 Kashijin Inc. All Rights Reserved