スタースイート・オフィス系ソフト
マイクロソフト・オフィス系ソフト
オープンオフィス系ソフト
LINK
コンテンツ・メニュー
・Music Open Space
・Sports Open Space
・Brand Open Space
・www.Salepro.jp

OpenOffice.org  オープンオフィス教室 

OpenOffice.org  オープンオフィス教室


OpenOffice.org  オープンオフィスとその他オフィスソフトとの互換性と相関図

salepro.jp お問い合わせ
ビジネスソフトの活用
■オープンオフィス教室■
オルグ・ライター教室
オルグ・カルク教室
オルグ・インプレス教室
オルグ・ベース教室
オルグ・ドロー教室
オフィス・数式エディタ教室
お役立ち情報
姉妹ソフト・スタースイート
スタースイート・ライター
スタースイート・カルク
スタースイート・ベース
スタースイート・インプレス

 OpenOffice.org「オープンオフィス・オルグ」は、オープンソースによるオフィス・スイートの制作プロジェクトの名称です。 OpenOffice.org「オープンオフィス・オルグ」の特徴の一つとして挙げられるのがMicrosoft Officeとの互換性の高さです。Word、Excel、PowerPoint等で作成したファイルは、 そのままOpenOffice.org「オープンソフト・オルグ」で開いて編集することができます。また、OpenOffice.org「オープンソフト・オルグ」で作成したファイルをMicrosoft Office形式で保存もできます。

OpenOffice.org「オープンオフィス・オルグ」の特徴として、ユーザーから最も注目を集めているのが、 MicrosoftOfficeとの高い互換性です。マイクロソフトのMicrosoft Office(マイクロソフトオフィス)は、統合オフィスソフトの代表選手ともいえる存在で、ワープロソフトであるWordや、 表計算ソフトExcelが有料でセットになっています。Windowsパソコンにプリインストールされている場合が多いので、利用ユーザーも多いでしょう。OpenOffice.org「オープンオフィス・オルグ」は、このMicrosoft Officeと高い互換性があります。しかも、無料で!操作方法が似ている上、Wordで作成した文書ファイルをOpenOffice.orgで読み込んだり、OpenOffice.orgで作成した文書ファイルをWordのファイル形式で 保存するというように、相互にファイルをやり取りできます。とはいえ、OpenOffice.org「オープンオフィス・オルグ」は、完全なMicrosoftOffice互換ソフトではありません。 Microsoft Officeをバリバリ使ってきた人ほど、細かな違いが気になるでしょう。しかし、OpenOffice.orgのほうが新しく作られた分だけ、より使いやすくなっています。その違いに気をつければ、 もっと便利に活用できるでしょう。

   ※ OpenOffice.org日本ユーザー会(日本語)のテキストより抜粋 http://ja.openoffice.org/

▼OpenOffice.org オープンオフィスとその他オフィスソフトとの互換性と相関図

OpenOffice.org  オープンオフィスの一覧と解説

OpenOffice.org「オープンオフィス」のソフトの一覧です。各ソフトの概要を明記してありますので参考にしてください。統合オフィスソフトであるOpenOffice.org「オープンオフィス」の特徴とともに2.0での新機能を紹介します。また、OpenOffice.org「オープンオフィス」を導入するための基礎知識と、使い始めるための基本操作についてもご紹介しています。

公式OpenOffice.org日本語プロジェクトサイト http://ja.openoffice.org/

OpenOffice.org  オープンオフィスの導入と移行方法

ここでは、OpenOffice.orgの動作環境やインストールについて説明します。今までMicrosoft Officeなどを使ってきたユーザーにとって、新しい統合オフィスソフトに移行するのは、大変なことだと感じるかもしれません。OpenOffice.org「オープンオフィス」では、ユーザーがスムーズに移行できるよう、 操作やファイルの互換性をできるだけ確保されています。
完全ではありませんが・・・!無償で入手できるので、実際に使ってみるのも早道です。手持ちのWordファイルやExcelエクセルファイルなどをOpenOffice.org「オープンオフィス」で読み込んで確認してみると その使い勝手もよくわかると思います。

OpenOffice.org  オープンオフィスの導入に必要なツールの入手法

OpenOffice.orgでは、基本的にOSが標準装備しているソフトウェアだけで動作するので、追加ソフトウェアは必要ありません。 しかし、環境によっては必要なソフトウェアが揃っていない場合もあるでしょう。そこで、次のソフトウェアが用意してあるか確認してください。

・日本語入力/変換ツール(インプットメソッド)
・日本語アウトラインフォント
・JRE(Java実行環境)バージョン1.4.1以降
・解凍ツール

グラフィカルなデスクトップでは、日本語入力/変換ツールと日本語アウトラインフォントは必須です。Windowsには標準装備されていますし、 LinuxなどUNIX互換OSで商用ディストリビューションであれば問題ないと思います。UNIX互換OSの場合、日本語入力/変換ツールでは IIIMF互換またはXIM互換が使えます。
導入に際しては、JRE(Java実行環境)を用意しておくといいでしょう。OpenOffice.orgは、Javaでプログラミングされているわけではありませんが、 データベースやマクロプログラムといった一部の機能で必要になります。JRE(Java実行環境)は、Java公式サイト(http://java.sun.com/j2se/1.4.2/ja/)からダウンロードできます。
解凍ツールは、ダウンロードしたファイルを解凍するために使います。

OpenOffice.org  オープンオフィスのダウンロード法

 それではOpenOffice.orgを起動してみましょう。

■起動後に「OpenOffice.org3.1へようこそ」画面になりますので、「次へ」をクリックします。
■次に、「個人データの移行」で、必要に応じて「個人データの移行」のチェックをオン・オフし「次へ」をクリックします。必要に応じて「名」「姓」「イニシャル」を入力し、「次へ」をクリックします。
■「オンライン更新」画面で、「自動的に更新をチェック」にチェックが入っています。通常そのままで問題ありません。「次へ」をクリックします。
■「OpenOffice.org の登録」画面でユーザ登録するかを選択します。登録しなくても使用することができます。時間があれば登録してみてください。いずれかを選択して「完了」をクリックします。

以上で、インストールと起動時の設定がすべて終了です。
それでは早速オープンオフィスを活用してみましょう!

 この画面で晴れて「OpenOffice.org3.1」のインストールが完了しました。

 「OpenOffice.org3.1インストールウイザード」ではインストール準備完了画面ですので 「インストール(I)」をクリックします。

 「OpenOffice.org3.1インストールウイザード」では「次へ(N)>」 をクリックします。

 次の「OpenOffice.org3.1のインストール準備」で、インストールするフォルダを指定します。通常はそのままで行いますが、 インストール先を変更する場合は、「参照(R)」をクリックしてフォルダを指定してから「展開(U)」をクリックします。

 「OpenOffice.org3.1のインストール準備」画面では「次へ(N)」 をクリックします。

 「開いているファイル・セキュリティの警告」画面では「実行」 をクリックします。

 ここでは、OpenOffice.org3.1.1日本語版のダウンロードはWindows について解説しますが、要領は同じですので順次開始してみましょう。

 OpenOffice.org3.1.1日本語版のダウンロード画面で、 「ダウンロードを開始するには、ご利用のOSの名前をクリックしてください。」の表示にしたがって、
■Windows
■Linux
■Mac の各OSごとにダウンロード法が違います。

 OpenOffice.org「オープンオフィス・オルグ」をダウンロードする手順を解説します。まず、OpenOffice.org「オープンオフィス・オルグ」の日本語プロジェクト公式サイトからダウンロードします。

公式サイトの「ダウンロード」をクリックします。

ソフト区分 OpenOffie.org
オープンオフィス・
オルグ
Microsoft Office
マイクロソフト
StarSuite8 Office
スタースイート
Lotus Symphony
ロータス・シンフォニー
Google Document
グーグル・ドキュメント
ワープロ Writer
(ライター)
Word
(ワード)
Writer
(ライター)
Document
(ドキュメント)
Document
(ドキュメント)
表計算 Calc
(カルク)
Excel
(エクセル)
Calc
(カルク)
Spreadsheets
(スプレッドシート)
Spreadsheets
(スプレッドシート)
プレゼン Impress
(インプレス)
PowerPoint
(パワーポイント)
Impress
(インプレス)
Presentation
(プレゼンテーション)
Presentation
(プレゼンテーション)
描画 Draw
(ドロー)
なし Draw
(ドロー)
なし なし
データベース Base
(ベース)
Access
(アクセス)
Base
(ベース)
なし なし
数式エディタ Math
(マス)
数式エディタ Math
(マス)
なし なし
スポンサー
Open Office.org オープンオフィスソフト一覧
■オープンオフィス・ライター
(ワープロ教室)
■オープンオフィス・カルク
(表計算教室)
Writer「ライター」は、各機能がシンプルに整理されたワープロです。文章だけでなく、画像や図・表といったいろいろな要素を扱えます。 また、文章を効率よく作成するための機能が充実しています。OpenOffice.org「オープンオフィス」では、Writerで作成する文書を「文書ドキュメント」と呼びます。 OpenOffice.org Calc「カルク」は、表計算アプリケーションです。表(スプレッドシート)の形式で計算や集計作業を行います。また、 表に入力したデータを元にしてグラフを作成したりデータ分析などができます。Calc「カルク」の基礎から応用までを解説します。ビジネスの現場ですぐに役立つ具体的なサンプルを使用していますから、そのまま即戦力とすることができるでしょう。
■オープンオフィス・インプレス
(プレゼンテーション教室)
■オープンオフィス・ドロー
(図形描画教室)
Impress「インプレス」は、会議や講演用のスライドをパソコンで作成したり表示する、発表資料作成ツールです。一般的に、プレゼンテーションツールと呼ばれます。まずは、Impressをどのように活用できるのか、その特徴を見ていきましょう。 ここでは、簡単な人物像を描くことで、Drawの基本操作を学びます。なお、Drawで描くことを「図形描画」と呼びます。 ちょっと変な呼び名ですが、Writerで作成した文書を「文書ドキュメント」と呼ぶのに合せて、こう呼びます。英語版では「Text Document」「Drawing」となっています。
■オープンオフィス・ベース
(データ・ベース教室)
■オープンオフィス・マス
(数式エディタ教室)
Mathは英語の「数学」=Mathematicsの略字です。数学の数式入力が簡単にできるテキストです。
OpenOffice.org Base「ベース」は2.0から登場した新アプリケーションです。Baseを使えば、Microsoft Accessのように簡易的なデータベースとしても利用でき、OpenOffice.orgからMySQL、PostgreSQLなどの本格的なRDBMSを利用できるような設定も可能です。まずは、OpenOffice.orgで利用できるデータベースの概観を紹介しましょう。 「数式エディタ」では、簡単な数式を入力しながら、Mathの操作の流れを解説します。数式は、「数式入力の流れ」に沿って入力していきます。 Writerの文書ドキュメントに数式を挿入するには、Mathを呼び出せるよう数式オブジェクトを挿入します。数式で入力したい項をダブルクリックすると、コマンドの該当位置が選択されます。 そこで選択ウィンドウをクリックするか、コマンドを入力すると、その項が置き換えられます。
▼Linuxの動作環境
CPU   Pentium互換プロセッサ
HDD   300MB以上(英語版:250MB)
RAM   128MB以上
ディスプレイ   256色以上、800×600以上
Linuxカーネル   version 2.2.13以降
ライブラリ   glibc2 Version 2.2.0以上がインストール済みであること
XFree86   XFree86 Version 4.0以上
▼Windowsの動作環境
CPU   Pentium互換プロセッサ
HDD   300MB以上(英語版:250MB)
RAM   128MB以上
ディスプレイ   256色以上、800×600以上
OS   Microsoft Windows98、Me、NT(Service Pack 6以降)、2000または
  XP(Service Pack 2以上)
■オープンオフィス・オルグ■
オルグ・ライター教室
オルグ・カルク教室
オルグ・インプレス教室
オルグ・ベース教室
オルグ・ドロー教室
オフィス・数式エディタ教室
salepro.jp お問い合わせ
▲TOP (ページの先頭へ)
▲HOME (サイトの最初のページへ)
HOME ビジネスソフトの活用 フリーソフトの活用 グーグルの活用 PCで趣味の活用 ネットで稼ぐ ネット環境を整える
Copyright (C) 2004-2010 Kashijin Inc. All Rights Reserved